読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ryo-wtrbrdのブログ

メンタル面の課題にどう向き合うのかを書いていきたいと思います!

こころに問題を抱えながら東京へ

題名の通りメンタル面に課題を持ちながら

東京というコンクリートジャングルを

どのようにして乗り越えていくのかを

できるだけポップにポジティブに綴っていきたいと思います!

そして、同じような悩みを持っている方々と

意見交換し、少しでも良い影響を与え合えればと考えています。

 

まずは、私のざっくりとしたプロフィール

 

現在、滋賀県在住で先週大阪の大学を

卒業しました。

春から東京で商社系の企業で新社会人です。

 

これまでは中高大と野球部に所属していて

見てくれは一応体育会系だと思われます。

趣味は食べること、街を散策すること

銭湯♨️など

今後やりたいことは

山登り🗻、フランス旅行🇫🇷など

 

 

メンタル面の課題について

春からいざ

がんばるぞ!と思いたいところですが、

数々の不安を持っています。

現在は病院に通院はしていませんが、

主観的に2つの症状があると感じています。

 

1.うつ症状

最も悪い時期では

睡眠障害、涙がとめどなく出る、不安感

体がだるい、誰とも会いたくないなど

頭に何も思い浮かばない、感情がない

 

2.対人恐怖症

人前で顔面紅潮、声のトーンがおかしくなる

噛む、どもる

 

こう書き出してみると大変だったなと身に染みて感じます。笑

 

そんな感慨にふけりながら、うつ症状の説明をしていきます。

 

大学受験時代

 

大学受験時から不安障害のようなものがあって、服薬をしながら勉強をしていました。

そして、そんなとめどない不安と戦いながらも

現役時代に受験は失敗し泣く泣く浪人することになりました。

そんななか、苦闘のかいあって志望の大学に

合格することができ、華のキャンパスライフ

を謳歌する、はずでした。笑

 

大学1、2回生時代

 

食品系の学部に入った私は周りにいるのは女性だらけ。ほぼ女性オンリーです。

はたから見れば謳歌してるやん!と思うかもしれないですが、不安障害持ちの私からすると

ここにいていいのだろうかとか変に目立つことを恐れて常にプレッシャーを感じていました。

 

普通に話すことはできたのですが、

グループに入ることができず、徐々に孤立。

優しく話しかけてくれることはあったものの

部活とバイトに逃避する結果に。

部活をしていくうちに不安障害は

寛解していきましたが、

キャンパス的に他の学部も女性だらけだったので、学校行ってひとり下宿で家帰ってもひとりという状況でストレスが蓄積し、

この頃から性格に影響していたなと思います。

 

大学3,4回時代

 

部活とバイトがあった頃はよかったのですが、

3年の秋頃になると部活も引退、就活でバイトもあまり行かない状況になると

一気に爆発し上記の最も悪い状態へ。

 

こんな状況で就活がうまくいくわけない

ので、実家に帰って春休みの2ヶ月を

休養に費やしました。

一般的な就活生は自己分析やらインターンやら

説明会、早い会社なら面接などに

勤しんでる頃です。

 この2ヶ月で思った以上に良くなったと

感じましたが、

大学というストレッサーは変わらないので

徐々に逆戻りへ。

しかも、4回生の前期は授業と実習で

最も忙しい時期でした。

 

就活のことはおいおい書くとして

苦労の末、かなり遅い11月に希望の

会社に内定を頂きました。

 

研究課題も12月に終え、

やっとの思いでストレッサーである学校に

ほぼ行かなくていいようになりました。

 

ここから休養や〜と思い

4ヶ月経った3月末の今現在!

4月に近づくにつれ、不安が募りこの

ブログを書くきっかけとなりました。

 

 

病気との向き合い方など次回書いていきたいと思います!